スポンサーリンク

結婚に必要な貯金額っていくらくらい必要?

貯金
スポンサーリンク
結婚に必要なお金として最初に挙げられるのは「結婚式」に関する出費です。

結婚に向けて準備をしていくのなら、まずこのお金をどうするのか考える必要があります。

調査によれば、結婚式には平均「144」万円は最低でもかかります。

「結婚トレンド調査」で見る今どきの「結婚費用」

結婚式に関する大規模な調査として、ブライダル雑誌「ゼクシィ」の『結婚トレンド調査』が有名です。

最新の調査結果である「結婚トレンド調査2016」の結果から、結婚式にどれくらいお金がかかるのか考えてみましょう。

以下、抜粋するとこのようなものになります。

【結婚トレンド調査2016】

  • 挙式・披露宴・披露パーティー総額は、平均「359.7」万円
  • 披露宴・披露パーティーの招待客人数は、平均「71.6」人
  • 招待客1人当たりの費用は、平均「6.2」万円(挙式・披露宴・披露パーティー)
    ご祝儀の総額は、平均「232.3」万円
  • 挙式・披露宴・披露パーティーにおけるカップルの自己負担額は、平均「143.2」万円
    費用について、親・親族からの援助があった人は「72.6」%
  • 支援があった人の援助総額は、平均「166.9」万円

結果をまとめると次のことが言えます。

  • 結婚式には、およそ「360万円」程度かかる。
  • 4人に3人は親や親族から平均「160万円」程度助けてもらっている。
  • その「160万円」と受け取ったご祝儀総額「230万円」を合わせると、カップルの自己負担額はほぼ無い。
  • 親や親族からの支援が受けられない場合、カップルの自己負担は「140万円」程度である。

まとめ

  • 結婚式には、およそ「360万円」程度必要になる。
  • 親や親族に費用を負担してもらえない場合、カップルで「140万円」程度負担する必要がある。

コメント