スポンサーリンク
食洗機

食洗機のアースはどうしたらいいのか|コンセントにアース端子がない場合の対処法

欧米ではビルトインタイプの食洗機が主流ですが、日本ではまだまだ卓上タイプの食洗機のほうが人気です。 ビルトインタイプの普及が伸び悩んでいるのは、日本の住宅事情も関係あるのでしょう。ですが、狭くても設置できるプチ食洗が登場し、食洗機の需要は高まりつつあります。 食洗機の導入を検討している家庭は、メーカーや機種、サイズなどを調べて、どれを購入しようか迷っていると思います。そのときに、意外と忘れられているのが“コンセントにアース端子がついているかどうか”ということ。 卓上タイプの食洗機の場合、設置工事の段階になって、初めてアース端子がないことに気づく家庭もかなり多いんです。 そこで今回は、もし食洗機を設置したい場所の近くのコンセントに、アース端子がなかった場合はどうしたらいいのか?そもそもアースはしなくても大丈夫なのか?など、食洗機のアースについて考えていきたいと思います。
食洗機

食洗機が故障したら「修理」と「買い替え」どっちがお得か|保証期間内なら修理したほうが良いよね

食洗機は、今や時短、楽家事に欠かせない家電です。そんな食洗機がもし故障してしまったら、いったいどうしたらいいのでしょうか? 自力で直せるのか、修理を依頼するのか、それとも買い替えなのか……。 気になるところですよね。 そこで今回は、食洗機が故障した場合の対処方法と買い替え時期について解説します。また、故障の原因を探り、少しでも故障のリスクを減らす方法を考えていきたいと思います。
食洗機

食洗機のゴミ受けフィルターをいつも清潔に保つ方法

家事の効率化を図るために、なくてはならない家電が「食洗機」です。 食器を手洗いする手間がなくなると、本当にラクになりますよね。けれども、食洗機そのもののお手入れはちょっと面倒と感じる人もいるのでは? 特に食洗機のゴミ受けフィルター(残菜フィルター)は、毎回カスを捨てなければならなかったり、お手入れしないとベタベタしたりとかなりのクセ者。 でも、ゴミ受けフィルターのお手入れは、食洗機を清潔に保つためにとても重要な作業なのでサボるわけにもいきません。 そこで今回は、ゴミ受けフィルターのお手入れを少しでも簡単にするアイデアをご紹介したいと思います。
スポンサーリンク
食洗機

食洗機の掃除が面倒でも欠かさないでほしいたった2つのこと

食洗機を持っているのに使っていない人のなかには、食洗機の掃除が面倒で使うのをやめたという人がいます。 それくらい「食洗機の掃除は面倒」と思われているようです。 つまり食洗機を使い続けられるかどうかネックとなるのが、食洗機の“掃除”の手間ということですね。 マメな人でない限り、確かに掃除は面倒です。だからといって食洗機の掃除を怠ってしまったら、だんだんと食器がキレイに落ちなくなってしまうのは言うまでもないこと。「掃除」が原因で食洗機をやめて、手洗いに戻すのは余計に面倒だと思いませんか? そこで今回は、食洗機の掃除をせずに放置するとどうなるのかを検証して、食洗機の掃除の大切さを説明していきたいと思います。また、ズボラな人向けのもっとも簡単な掃除方法もご紹介します。
食洗機

エスケイジャパンの食洗機は「工事のいらない食洗機」|その秘密は業界初の「タンク式」にあり

「工事不要」が最大のポイントとも言えるエスケイジャパンの食洗機。「J’aime(ジェイム)」(SDW-J5L)はその代表的なモデルです。 エスケイジャパンの食洗機はコンパクトで工事不要なので「食洗機を置くスペースがない」という家庭でも使えます。 食洗機を諦めていた家庭に希望の光を与えてくれたということですね。 エスケイジャパンの食洗機はなぜ工事不要で設置できるのか。その秘密を解説します。
食洗機

食洗機は手洗いよりもエコなのか?|水道・ガス・電気・洗剤代の4つのコストから比べてみた

この記事では「食洗機がエコなのか」を考えてみます。結論として、食洗機は「エコ」です 具体的には「節水効果(水道代)」、「ガス代の節約」、「節電効果(電気代)」、「洗剤代(食洗機専用食器洗剤)」の4つの観点から、エコかどうか考えていきます 特に良く言われるのが「水道代」のこと。食洗機は水をジャブジャブ使って水の無駄が多すぎるなんて言われますが、真面目に考えると実はそうでもないです。むしろ手洗いのほうが水をたくさん使っています 食洗機を導入することによって、水道、ガス、電気、洗剤代それぞれの年間コストがどれくらい削減できるのか、節約になるのか、総じてエコになるのか、比較してみます。
食洗機

なぜ食洗機を使うと油汚れがよく落ちるのか?|ポイントは「高温の洗浄液(お湯)」である

食洗機をお使いの家庭では、油汚れは落ちて当たり前。もう手洗いには戻れませんよね。 食洗機は、手洗いでは落としきれない細かい部分までしっかりと油汚れを落としてくれるので本当に便利です。 でも、どうして食洗機はこんなに油汚れが落ちるのか、不思議に思ったことはありませんか? そこで今回は、手洗いとの違いや油汚れをどこまで落とせるのかなどを詳しく検証していきたいと思います。
食洗機

食洗機にチャイルドロックが欲しい!/家庭で出来る「子ども用イタズラ対策」を自分なりに考えてみた

小さな子どもがいる家庭では、食器を手洗いしている間に、あれこれ要求されたり、話が聞いてもらえないと泣いたりして、おちおち食器も洗っていられないことが多いですよね。 特に夜は、子どもの寝かしつけをしている間に、自分まで寝落ちしてしまい、朝になって洗われていない食器を見てウンザリすることも。 このように小さな子どものいる家庭にとって、食洗機はまさに家事の救世主的存在です。そんな食洗機ですが、小さな子どもに配慮したチャイルドロックが必ずしも付いているわけではありません。これはハッキリ言って危ない! そこで今回は、食洗機のチャイルドロックの必要性を検証し、また我が家で実践していたイタズラ対策をご紹介したいと思います。
食洗機

食洗機が絶対に「いる」理由|手間をかけることは美徳じゃない!

新・三種の神器の1つと言われる食洗機。でも日本での普及率は依然として伸び悩んでいます。 その理由は、値段が高い、設置できるスペースがない、お手入れが面倒くさそうなど、さまざまあると思います。けれども、これらはあくまでも印象論。 実は、値段が高くてもコスパは良いし、スペースは工夫しだい作れるし、お手入れは意外と簡単だったりします。 では、なぜ食洗機の導入が浸透していかないのでしょうか? それは、日本人特有の「手間をかけることは美徳、手抜きは悪」という考え方が根底にあるからです。 そこで今回は、この考え方に真っ向から異議を唱え、食洗機がいる理由を述べていきたいと思います。
食洗機

食洗機の排水詰まりはピーピースルーで解決!【きれいに使うコツ】

食洗機が詰まると何もできなくなるし、詰まった水の衛生状態も心配になりますよね。 ピーピースルーは水道管の詰まりに効果的な商品ですが、こちらは食洗機でも使えます。 ただ、食洗機にピーピースルーを使う時、ちょっとしたコツがあるので、この記事ではその方法を紹介します。 また、食洗機の詰まりを抑える日々のメンテナンス方法も紹介しているので、ぜひお役立てくださいね。
スポンサーリンク