スポンサーリンク

一眼レフとは?|デジタル一眼レフとミラーレスの違いを初心者にも分かりやすく説明する

一眼カメラ
スポンサーリンク

この記事では「一眼レフとは何か」について解説します。

 

「いいカメラが欲しいんだけど、そもそも一眼レフってなに?」という人は参考にしてください。

 

あわせて「一眼レフ」と「ミラーレス」の違いについても説明しているので、初心者の人がカメラを選ぶときの参考にしてください。

 

>>【参考記事】デジタル一眼カメラ(一眼レフ・ミラーレス)|おすすめ人気ランキングベスト5 

>>【参考記事】デジタル一眼カメラ(初心者用・エントリーモデル)|おすすめ人気ランキングベスト

 

ざっくり結論を言ってしまうと、

 

  • 一眼レフ=「中に鏡が入っているのでサイズが大きめ」
  • ミラーレス=「中に鏡が入っていないので小型&軽量」

 

という違いがあります。

 

「鏡(レフ)」が入っている分、一眼レフのほうが大きくて重くなりがちですが、交換できるレンズの種類がミラーレスよりも多いので、被写体や狙う効果に合わせることができます。

 

なので、より本格的に写真を撮るのなら「一眼レフ」がおすすめです。

 

 

>>【参考記事】デジタル一眼カメラ(一眼レフ)|おすすめ人気ランキングベスト5

 

一方で、スマホより良い写真が撮りたいけど「普段から持ち歩きたいから、重くてデカいのは嫌!」と言う人は、コンパクトで軽い「ミラーレス」がおすすめです。

 

 

>>【参考記事】デジタル一眼カメラ(ミラーレス)|おすすめ人気ランキングベスト5

 

一眼レフとデジカメ(コンデジ)では、撮った写真にこんな違いが出ます。

Twitter / ?

 

いい写真を追求したいなら、断然「一眼レフ」です!

 

スポンサーリンク

一眼レフとは?

 

一眼レフとは「鏡(レフ)内蔵型」の「一眼カメラ」

 

一眼レフとは「レンズが交換ができるデジタル一眼カメラ」の一種で、ボディの中に「鏡(レフ)」が内蔵されているカメラのことを言います。

 

どういうことなのか図にしてみました。

 

 

まず、一眼カメラもミラーレスもコンデジと呼ばれるカメラも、すべてデジタルカメラの一種です。

 

フィルムを使いませんからね。

 

フィルムを使わないのならデジタルカメラです。

 

そして、その「デジタルカメラ」の中にも実は2種類のカメラがあります。

 

それが「レンズ交換ができないカメラ」「レンズ交換ができるカメラ」です。

 

前者の「レンズ交換できないデジタルカメラ」は「コンパクトデジタルカメラ」のことです。

 

通称、コンデジと言います。

 

おそらく、普段私たちが「デジカメ」と言っているのはこちらのことでしょう。

 

▼コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)の例:COOLPIX A100(Nikon)

 

次に後者の「レンズ交換ができるデジタルカメラ」ですが、さらに2種類に分かれます。

 

それが「一眼レフ」「ミラーレス」です。

 

どちらも「レンズ交換」ができるデジタルカメラですが、違いがあります。

 

「一眼レフ」と「ミラーレス」の違いは、ボディの中に「鏡(レフレックス)」があるか、ないかの違いです。

 

レフが「ある」ほうが「一眼レフ」。

 

レフが「無い」ほうが「ミラーレス」です。

 

じゃあ鏡があるのとないのとでは、何が違うか。

 

それは「光(景色)の捉えかた」が違います。

 

「一眼レフ」のシェアナンバー1メーカー・Canon公式サイトから図を拝借して、解説します。

 

【キヤノン公式】初心者向け!一眼レフカメラとミラーレスカメラって何が違うの?|カメラ初心者教室

 

一眼レフはこんな感じで「光(景色)」を捉えます。

 

順に説明すると、

 

  1. レンズが光を集める
  2. レンズが集めた光をミラーが反射する
  3. 反射した光はペンタプリズムに集まる
  4. ペンタプリズムに集まった光をファインダーから覗く
  5. シャッターを切る
  6. ミラーが動いて(移動して)光がイメージセンサーに当たる
  7. イメージセンサーが光を記録する(写真撮影)

 

ポイントは2、3、4の流れですね。

 

鏡(レフ)があることによって、イメージセンサーを通さずに目で直接見てから写真を撮ることができます。

 

この違いをミラーレスの場合と比べてみてください。

 

同じくCanon公式サイトの図解を引用します。

 

【キヤノン公式】初心者向け!一眼レフカメラとミラーレスカメラって何が違うの?|カメラ初心者教室

 

  1. レンズが光を集める
  2. レンズが集めた光をイメージセンサーに通す
  3. イメージセンサーが捉えた光を液晶モニターに映す
  4. シャッターを切る
  5. ミラーが動いて(移動して)光がイメージセンサーに当たる
  6. イメージセンサーが光を記録する(写真撮影)

 

一眼レフで写真を撮る場合と比べてみて欲しいのですが、

 

一眼レフは、イメージセンサーを使う「前」にファインダーから覗くことができました。

 

そしてシャッターボタンを押して初めて、イメージセンサーを使い写真を撮影します。

 

一方で、ミラーレスには「鏡(レフ)」が無いので、最初からイメージセンサーに光を当てています。

 

イメージセンサーを使った「後」にファインダーに映し出し、液晶モニターにも映し出します。

 

シャッターを使っても、使わなくてもイメージセンサーを使っているんですね。

 

ですから、ミラーレスはイメージセンサーを常に使っていることになり、電力消費が大きく、バッテリーの減りが速いと言われているのです。

 

逆に、一眼レフはシャッターを切ったときだけイメージセンサーを使うので、バッテリー消費が抑えられています。

 

一眼レフとミラーレスの違いは「鏡(レフ)」の有無

 

上で述べた通り、一眼レフには「鏡(レフ)」があります。

 

ミラーレスには「鏡(レフ)」がありません。

 

この違いが、さらに2つの違いにつながっています。

 

まず「大きさ」と「重さ」です。

 

一眼レフには「鏡(レフ)」が内蔵されているので、その分ボディが大きいです。

 

また「鏡(レフ)」が内蔵されている分、重くなりがちです。

 

逆にミラーレスには「鏡(レフ)」が無いので、比較的コンパクトで軽量なボディです。

 

次に「イメージセンサー」の違い。

 

一眼レフに使われているイメージセンサーは「フルサイズ」や「APS-C」と言われるサイズです。

 

大きいサイズなので多くの光を取り込むことに優れ、明暗の差を上手く表現できます。

 

一眼レフが「高画質」&「高解像」と言われるゆえんです。

 

ただし、単純にサイズが大きなイメージセンサーを使っているので、これもまた一眼レフの大型化&重さにつながっていると言えます。

 

一方でミラーレスは、マイクロフォーサーズなどの比較的小さなイメージセンサーを搭載することで小型化を図っている機種が多くあります。

 

フルサイズの「高画質」や「高解像」には及びませんが、その分イメージセンサーとコストのバランスに優れ、比較的安価な価格帯のカメラが多いです。

 

最後に「レンズのバリエーション」。

 

現在は、コンパクトなミラーレスのほうが主流派です。

 

しかし歴史があるのは当然一眼レフのほうです。

 

各レンズメーカーの「交換用レンズ」の種類が多いのが一眼レフと言えます。

 

ミラーレスはコンパクトなのでその利点に見合わないレンズが登場しずらい環境にあります。

 

それがミラーレス用の交換レンズのバリエーションの少なさにつながっています。

 

一眼レフとミラーレスのメリット&デメリット

 

ここまでで「一眼レフとは何か」がお分かりいただけたかと思います。

 

「一眼レフ」と「ミラーレス」のメリット&デメリットについて、まとめておきます。

 

一眼レフのメリット

 

  • 高画質で高解像!
  • 本格的な写真が撮れる!
  • 鏡(レフ)があるから省エネ
  • レンズのバリエーションが豊富

 

一眼レフのデメリット

 

  • 高い。
  • デカい。
  • 重い。

 

ミラーレスのメリット

 

  • 初心者でも簡単撮影!
  • コンパクトで軽量!
  • 持ち運びに便利!
  • リーズナブルな価格帯

 

ミラーレスのデメリット

 

  • バッテリーの減りが早い。
  • 交換用のレンズが少ない。
  • フルサイズ一眼レフに劣る画質

 

一眼レフとミラーレスどっちが良いのか

 

では以上のことを踏まえて、一眼レフがおすすめの人ミラーレスがおすすめの人を考えてみました。

 

自分がどっちなのか考えながら、一眼レフかミラーレスか選んでください。

 

一眼レフがおすすめの人

 

  • カッコよさを重視する
  • グリップの安定性や握りやすいさを重視する
  • バッテリーの持ちを重視する
  • プロに近い本格的な写真を撮りたい

 

ミラーレスがおすすめの人

 

  • コンパクトさを重視する
  • 安さを重視する
  • 液晶モニターを重視する
  • 普段から持ち歩きたい

 

まとめ

 

  • 「一眼レフ」とは、レンズ交換ができるデジタル一眼カメラの中でも、特に「鏡(レフ)」が内蔵されているカメラを言う。
  • ミラーレスと一眼レフの違いは「鏡(レフ)」の有無である。
  • 一眼レフは「鏡(レフ)」がある分サイズが大きく、重くなりがちである。
  • 一眼レフは交換レンズの種類が豊富で、より本格的な写真を撮るのに向いている。

 

コラム:ちなみに「二眼レフ」も存在します

 

「一眼」があるなら「二眼」があるのでは……?

 

と思った方…… さすが鋭いッ!

 

ありますよ、二眼レフカメラ。

 

こんなやつです。

 

二眼レフカメラ – Wikipedia

 

確かに「眼」が2つなので「二眼レフ」ですね。

 

ただ、おわかりいただけると思いますが

 

今はほとんど使われていない「骨董品」です。

 

コメント